一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:国内小旅行

JUGEMテーマ:同人活動

 

またしても今さら感があるGWの日記など。

 

もう月末更新ですとかにしてしまおうかなw

 

とまあ、それはさておき。

 

昨年のGWは、コミティア「ヒロイン☆ふぇすた」一色という感じでしたが今年は、

 

愛知〜(鈍行)〜大阪南港〜(フェリー)〜今治〜(フェリー)〜大阪南港〜(鈍行)〜愛知いったん帰宅〜(鈍行)〜東京(1泊)〜逆三角形〜(夜行バス)〜愛知

 

という、何と移動日は1日で大阪駅・名古屋駅・東京駅を鈍行で駆け巡るコース設定にww

 

今治では旨いものが、ティア打ち上げでも旨いものが待っていますのが楽しみ

 

というわけで、鈍行でまずは大阪南港へ。フェリーに乗ります。

 

いつものオレンジフェリーですね。なにげに2年ぶり。

GWの雑魚寝部屋はよく寝れなかったので、展望室で行きずりの旅親子と世間話をしながら過ごすという、じつにフェリーらしい一夜を過ごし(ありがとうございました)

 

眠い目をこすりながら今治に到着。

 

駅前で朝食パン祭りバイキングしてから、ミニ四駆的な用事へ。

 

通りすがりの街の人「あそこでやってるイベント、賞金とか出るの?」

会場移動中のワタシ「いやー、賞金とかは出ないですけど……賞状と粗品とその他(チャンピオンズ権利とか説明面倒だから端折った)ぐらいですかね」

通りすがりの街の人「ええー!?」

 

世間一般の認識だとそうなりますよねー

 

久しぶりに会場であったレーサー仲間と寿司ランチ

抽選制だと、どうしてもたまに会うになりがちです。

 

ブリうめー。

地魚系が新鮮でとてもうまかったです。

 

ネタとして注文したけどフツーにうまかった子ども寿司

 

今治城。

中は以前にうどん先生(『ファイナルラップ!』の絵師殿)と探検したからまあいいや。

 

小腹すいたので、鯛飯とじゃこ天。

あ、アルコール写すの忘れた……

 

ひたすら写真が寿司テロ化してる気がするけど、まあ気にするなw

 

けっこうのんびりとした一人旅でございました。

帰りのフェリーはわりかし快適でした。

 

そしてフェリーで大阪南港に帰着したその翌早朝。

 

大阪南港とは似ても似つかぬ場所に降り立っておりますw

 

荷物を自宅でミニ四駆用品から同人誌用品に持ち替え、いざ春のコミティアへ。

 

設営はゆめつむと似たような感じ。

しおりポストカードが新作だったりします。

今回もお店番は、3サークル回り持ちでこしき先生にお願いしました。ありがとうございます。

 

なので、今回もちょこちょこと会場を回って、買い物やご挨拶(今治土産のポンジュースチロル撒き)をすることができました。

欲しかったものはだいたい買えたかなと。

買い物はかなりの時間、同人文芸集落じゃなくて同人マンガ集落にいたのはナイショw

 

春ティアは、秋ティアよりもさらに人も多く賑やかな感じでしたね。

かといって窮屈な雰囲気もないし、運営がコミケと同様に堅実で、サークル参加者が負担やストレスを感じることもないので、個人的には好きなイベントです。

 

スペースにご来訪いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

終了後は有志と打ち上げバイキング。

去年と同じ会場ってわけで、まさかこれも毎年恒例化しないだろうなぁw

 

くうぞー

 

おかわりー

 

べつばらー(その後も別腹は追加されました)

 

とまあ食べた食べた。

二次会も含め、久しぶりに(というか実は初めて)長時間お話しする皆様もいらっさり、じつに有意義かつ楽しい打ち上げでした。

セッティングされた女子会部長トオノ先生ありがとうございました。

 

見れば見るほど食い倒れGWにしか見えないのですが、ともかく楽しい休日でしたとさ。

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:同人活動
JUGEMテーマ:ミニ四駆

夏コミが終わってちょうど1ヶ月。
はえーなーおいw

10月参加のイベントについては後日お知らせするとして、夏はあちこちでご当地グルメを食べてきたとしか言い様がない。

せっかくなので、第2回Text-Revolutions内の企画「掌編俺のグルメFESTIVAL」の規格に合わせて旨かったぜ4連打。



ガチの讃岐うどん(香川)

愛媛まで18切符で行く途中、坂出に寄り道していただいた本場udon県の讃岐うどん
8月上旬で死ヌほど暑かったので、ざるうどんにていただきます。

白水も好きでよく食べる はなまるうどん に比べても、コシの強さと小麦粉の味がひと味違う、敢えて言うならパンチの効いたうどん。
かといってのどごしも良し。ずるずるっといけます。こりゃ皆の衆が本場の讃岐うどんは旨いと揃って言うはずなのです。

そして丸○製麺と高○製麺は劣化パチに過ぎないことがよく分かったw

ごちそうさまでした。
(224字)


焼豚玉子飯(愛媛)

もはや白水の雑記帳の夏の定番、年に1回しか食せない今治名物、焼豚玉子飯
半熟目玉焼きの黄身を潰し、焼き豚&ご飯にかき混ぜてレンゲでがつっといただきます。

レンゲで潰してからめた半熟卵のとろっとした微妙な甘さ、そして甘辛風のタレで炒めた一口サイズの濃厚な焼豚との絡みが抜群。
調理は割とシンプルな部類(タレが通販で売っている)だと思いますが、なかなか複合的な深みのある旨味がたまらない逸品です。

卵三個でも食い過ぎ感はありません。一気にいけてしまいますので食べ過ぎに注意しましょう。

ごちそうさまでした。
(247字)

余談ながら、JR四国の女性車掌の美人ぶりと愛想の良さはガチだったw


ソースカツ丼(福井)

福井県にあるヨーロッパ軒本店でいただいた、福井名物ソースカツ丼
キメの細やかな衣が目を見張るカツを、スパイシーな風味のソースで漬け込んで、どさっとご飯の上に載せた逸品。

スパイシーなソースが意外とご飯に合うので、しっとりサクっとしたカツをいただきながら掻き込んでいく系。
パ軒の大盛でも足りないほどに、ガンガン食が進んでいきます。
空きっ腹ビールしなければおかわりいってたな…

焼豚玉子飯の複合的な旨味とは趣を異にする、シンプルな旨味が魅力です。

ごちそうさまでした。
(229字)


さわやかのハンバーグ(静岡)

白水の雑記帳には年に3〜4回は出てくる、毎度静岡へ行くたびに食べているとおぼしきご当地ファミレスグルメ。

肉は粗挽きで、ウェイトレスさんに異議申し立てをしない限り、肉がやや赤い状態で出てきます。
げんこつ状態のハンバーグの塊をナイフでぱっかーんして、じゅじゅう押さえて仕上げ焼き。押さえるときの焼き上がるぜ的なわくわく感がたまりません。
油の飛びはねがなくなったあたりでいただきます。

ソースはオニオンとデミグラスのミックスもできますが、それとは別に少しだけ塩胡椒で食べてみたところ、やはり肉の味がしっかりしていて素で旨いのを再確認。
量はそれほどでもないと思いますが、満足感がたまならい逸品です。

ごちそうさまでした。
(294文字)


他にも色々とストックはあるのですが、今年はこのあたりで。

 

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:国内小旅行

先週の話になりますが、この時期恒例の伊勢神宮にお参りに行ってきました。
ってはいそこミニ四駆組、伊勢ドリームハウスに行ってきたのではないから勘違いしないw


内宮の宇治橋から、五十鈴川を見る。
あいにく、雨降ってたけどね。


紅葉がきれいな季節です。もみじもみもみ(違)


深みのある緑のなかに、ぽつんぽつんと鮮やかに紅や黄が浮かぶような風景でした。


五十鈴川沿いには、銀杏と紅葉と桃色が同時に楽しめる光景がww
紅葉と銀杏はわかるのですが、まさかのピンク色が…
そんなのありか?


拡大して撮影。
さすがに桜ではないかなーと思うのですが、春と秋が同時にやってきたとしか言い様がない。
よく言えば風流な、悪く言えば季節感無視の絵ですね。
うーん神秘的(?)

出猩々(デショウジョウ)という、春にも紅い、というか夏以外は年がら年中葉が紅い種類のカエデがあり、人為的になら満開の桜&真っ赤に紅葉のツーショット、という芸当は出来るらしいのですが、自然風景でこれが見られるとは思ってなかったですね。テンション高く拝見しました。


こちらは銀杏がお見事な、豆腐料理専門店「とうふや」の絵。
おかげ横丁からも外れた、五十鈴川沿いにあります。
古民家を改装した外観と店内は、風情があります。


寄せ豆腐おいしくいただきました。
自然の甘みがすごくある豆腐で、塩で食べると非常に美味しいです。


おかげ横丁を散策。
雨のせいか、多少は人も少なめといったところでした。

立ち食いができるグルメも多いのが、おかげ横丁や門前街の特徴。
伊勢海老コロッケ(超濃厚)、たこ棒(最近は熱海でも食べれるけどね)、うのはなソフトクリーム(夏のほうがおいしい、ってそりゃそーか)、松阪牛の牛串(松阪牛は焼くのが一番がうまいね)などなど。海産物系も色々あります。

赤福ぜんざいや赤福氷だけではないわけです。


伊勢の土産、神都麥酒(しんとビール)
姉妹品の熊野古道麦酒よりも、やや濃いめの地ビールです。
非常にコクがあります。市販ビールでは琥珀エビスに近い味だと思いますが、一般流通ビールでは最高峰といわれる琥珀エビスよりも、さらにワンランク上の濃厚な旨味があります。

と、参拝と紅葉とグルメの伊勢旅を無事にしてまいりました。


旅行・観光 ブログランキングへ

 

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:ミニ四駆
JUGEMテーマ:同人活動

今月初旬の話になりますが、愛媛今治までぶらぶら旅行してきました。


大阪南港まで在来線で行き、約1年ぶりにオレンジフェリーに乗船。
今回は去年とは違う型式の船でした。


お部屋は安い二等船室。いわゆる雑魚寝部屋w
マットレス・薄毛布・安枕でひとセット。上には棚があるので、荷物の管理はしやすかったです。もちろん冷房完備。

普通に横になれる分、夜行バスや記事うpして約2時間後に乗るムーンライトながらよりは俄然マシですね。


小腹が空いたので、船内で讃岐うどん注文して缶チューハイで一杯引っかける。
今治への観光フェリーなだけあって、夕食と朝食バイキング合わせれば、うどん県とみかん県の名物は一通りメニュー的には食べられたりします。

その後、お風呂入って就寝。22:00乗船の6:00着なので、結構短い船旅なのです。
そして起床、朝食バイキングでジャコ天食い過ぎて反省しつつ、今回一番の目的である今治港開催のミニ四駆ジャパンカップ愛媛大会へ。


あーめーだーwww

レインレースは今でこそ戸惑う人も多いですが、ひと昔前まえ、鈴鹿大会がモートピア開催だった時代はよくあったこと。
TVのおかげですっかりレジェンドの呼び名が定着してしまった、ヤザワさんご夫妻にお願いしてテントを間借りさせていただき、レインレースやりますかと思いつつ。


びたびたぼたぼた、だばー(効果音)

手前に見える透明の橋っぽいのが、今年のコースの目玉とされるフジヤマチェンジャー。
ここでコースアウトすることを「富士山で遭難」、ここをクリアすると「富士山を下山」と呼んでいるのですが、テントの隙間から雨がぼたぼた落ちておりました。嵐の富士山ですね。

で、結局のところ大雨警報で続行できず、一次予選途中でレース中止。
愛媛くんだりまで来て中止かww


というわけで早々に会場を撤収、この日は愛媛おんまく祭りの日だったので、ぶらぶら見物してから帰ることに。
各地の太鼓の会の皆様が、熱演を披露しておりました。


今治名物といったらこれ、白楽天の焼豚玉子飯。
しっかり大盛りでいただいてきました。ヤバいぐらいうまかった!

焼豚玉子飯のタレ も現地でお土産に買い込む有様。
自宅調理だと味はなかなかオリジナルには及ばないのですが、これはこれで美味いです。
しかも、味や満足感の割に、材料費も調理の手間もあまりかからないのが実にいいww


最後まで太鼓の演奏を見学し、雨も上がったので花火見て帰宅の途につきましたとさ。
何だかんだで、年に1回ぐらいは行ってみたい会場だね。できればだけど。

--------------------------------
さて、今年も夏コミに受かることができました。ありあたや。

コミックマーケット86 1日目(金曜日)
う-09b 白水の小説棚

です。

頒布物は、4年かかっていよいよ完結となります、オリジナルミニ四駆小説『ファイナルラップ!』
頒布価格は500円で判型はB6版、今回は初のオフセット印刷本となります。
今回はイラストもしっかり頑張っていただきました。そちらもご期待ください。


ご興味ありましたらお立ち寄り下さい。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


年どころか年度すら代わっていて、いやーもう1年も3分の1終了してしまっていました。

遅すぎる今年初回の日記は、先日参加してきたニコニコ超会議です。

というのも、ニコニコ超会議のまるなげひろばに、ミニ四駆ブースが犬神研究所様より置かれるとのことで、コミケットで出しているミニ四駆小説『ファイナルラップ!』の見本誌を置いていただけるという、ありがたいお話をいただいたわけです。

その話を正式にいただいたのは3月中旬。

夏コミにも申請を出している関係上、書き進めていたので本文はほぼ完成状態。
絵師がっかりうどんぬ氏にも短期間ながら頑張ってもらい、宣伝用ポスターまで作っていざ委託。


おもに今回用に、オンライン書籍版も作ってQRコードを貼り付けてみた。
(記載されている無料公開期間は終了しています)


ニコニコ超会議は今回初めて参加しました。


リアルなニコニコ神社があったり、


しんかい6500実物展示があったり、(初めて見た)


戦闘ヘリがあったりと、
ニコ動らしい雑然と言うか何でもアリアリの世界の中で、


まるなげひろばの端っこに、ミニ四駆ブースもちゃんとありました
興味を持って見て下さる人が多かったですね


セミミドル級の立体コース。
あのスペースで、よくこの規模のコースが組めたものだと感心します。


近年出ているミニ四駆本のコーナー。
1列目:ミニ四駆新世紀エアーズ(小説・同人誌)
2列目:二ツ星動力学研究所(マンガ・商業誌)
3列目右:ファイナルラップ!(拙著小説・同人誌)
3列目左:神テクチューンガイドMk.2(技術解説本・同人誌)
4列目右:Winningrun(紹介本・同人誌)
4列目左:超速ガイド2013(紹介本・商業誌)

第三次ブームと言われる昨今、同人誌業界も活況のようです。


このブースのメインイベント(?)ねんどろいどぷち等のフィギュアを搭載したミニ四駆の限定レースも行われました。
何も知らずこのブースを見ていらっしゃる方にも、わかりやすいようにという趣向で大変いい企画でした。
ノーマルモーター限定戦でしたが、ガチ改造マシンが多いのには驚きました。


代わってこちらはShuminovaチャレンジ戦。
奥のお姉さん(新宿にあるShuminovaの社員さん)に勝つと割引券がもらえるという趣向でしたが、Shuminova店長がこの日のために作ったというミニ四駆は基礎スペックが高いため、上級者同士によるデモンストレーションレースの意味合いが強い企画となっていました。

フィギュア限定レースよりレベルが数段上の、スピーディーなレース展開に見ている人の反応も驚きがあったような。


お姉さんが持っている緑色の箱っぽいものは、ミニ四駆キャッチャーという回収専用グッズ。
回収時にビスで手を切ることはよくあるので、なかなか便利なようです。

日曜日は、品川シーサイドフォレストの公認競技会(公式レース)とニコニコ超会議とを往復したので(公式レースの魅力をテーマにした作品を書いている人が、頑張れば行ける範囲にある公式レースに出ないのも、それはそれで筋が通らないと思うので)、あまり長くミニ四駆ブースに滞在することはできなかったのですが、人が日曜日の方が多かったせいか盛況だったようで、何よりだと思うわけでした。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

今日は、大垣市にある日本昭和音楽村まで足を伸ばしました。

地図を見たら、ガッツリ山奥(汗)

名神高速に乗って関ヶ原ICまで行き、そこから山間の国道を延々と一本道。

少し山登って到着。


普段はスマホカメラで撮影してるのですが、さすがに味気ないのでとゆーことで。

今回は新しく手に入れた手の平サイズ&約127g(実測)の軽量コンパクトデジカメ、キャノンPowerShotA2400isを使って撮影しました(画素大きいので画像サイズは縮小してあります)


日本昭和音楽村は、水嶺湖のほとりにあります。
山間の静かな・・・とゆーか普通に山奥ですww


水嶺湖を望む。
水面と山とのマッチングが非常にきれいです。



日本昭和音楽村の施設、FN音楽館&イタリアンレストランが入っている棟。



FN音楽館。入場無料。
昭和のフォークソングに関する歴史と、ギターなどが展示されています。

展示テーマごとに仕切りがあるので、やや順路が分かりにくいですが、個々人の思い入れ重視の展示のため、あまり順路動線は重視していないようです。

奥にはジュークボックスがあり、1曲100円で鳴らすことができます。



音楽村内唯一の飲食店、リストランテ・アルペジオ

シンプルな雰囲気のイタリア料理店ですね。


Aランチ(920円)をいただきました。
パスタはトマトソースパスタ。
トマト本来の味を全面に効かしている味付けで、なかなかgood
パンは下味がついていました。

キャノンPowerShotA2400isはエントリーモデルのコンパクトデジカメなので、さすがに絵作りはハイエンドのデジカメに比べるとやや落ちる印象ですが、ポケットに入れて持ち歩けて、スマホカメラ並みの機動力でしっかりとした写真が撮れる手軽さは大きな利点ですね。


昼食を食べた後は、音楽館棟の横にあるコンサートホールで、『森に届いたサウンドメールコンサート』を鑑賞しました。
※撮影不可とかな〜り厳しくアナウンスされてたので、写真は自重したのでありません。

館内のグランドピアノを管理するための、弾き込みボランティアのピアニストの人がひとり1〜2曲ぐらいずつ順番に演奏していきます。

素晴らしい演奏。白水にとっては個人的に懐かしいものを聴くこともできました。

自然と料理とピアノの音に囲まれながら、色々と思索に耽った小旅行でした。

JUGEMテーマ:日記・一般

先日のことですが、伊勢神宮まで今年も旅行に行ってきました。
外宮は写真撮らなかったので、内宮から。

内宮だけで済ます人が多いとも聞きますが、正しくは外宮からいって内宮ですからねー
外宮でまずは一年間いろいろと美味しいものが食べられたことに感謝。

続いて内宮へ。



橋より五十鈴川と山並みを望む。
早朝参りでしたが、天気はあまりすっきりとはしていませんでした。



去年はまだ形もなかったですが、来年は式年遷宮が控えているため、新しい拝殿もようやく姿を現してました。
新しい木の香りが一体に漂っていました。

今年で最後の今の拝殿へのお参りを済ませ、御神楽を見て足が痺れたwww



紅葉真っ盛り!



お昼は、おかげ横町から少し外れにある話題のお店、とうふやに。
実にストレートなネーミングがなんだかいい。



名物の寄せ豆腐膳。1200円なり。

寄せ豆腐を最初は素で、次に粗塩で、最後に薬味&ダシでいただくという、まるでひつまぶしやとんかつ茶漬けみたく段階的にいただいていきます。

素:大豆の味がすっごく効いててgood
粗塩:豆腐の味がさらに効いてとってもbest
薬味&ダシ:何だか豆腐の味に勝ってしまってる感が。

豆乳は超濃厚。
炊き込みご飯もお焦げ混じりでとても美味。

これは人気も納得の抜群の膳でした。おすすめです。

景色も雰囲気もグルメも、どれも気持ちのよい、とてもいいお参りでした。



なお、冬コミですが無事に当選しました☆

土曜日(1日目) 東Q−35a 白水の小説棚です。

詳細につきましては、後日別日記でご案内します。

 

ずいぶん書いてなかったなー。
てなわけで白水です。

さて、GWの初日にウワサの新東名を通ってプチ旅行をしようと自家用車で出発。

(第1の関門)
小牧JC付近で7kmほど渋滞。平日の通勤ラッシュかよww

(第2の関門)
豊田JC〜赤塚PAまで35kmほど渋滞。あの3車線化はどう考えても失敗だ。

てなわけで、三ヶ日から新東名に入るまでに約4時間とか、笑えるような笑えないような。

そして、話題の浜松NEOPASAで最初の休憩、と思ったらSAに入るために大渋滞とか、どんだけなんだよって感じでスルー。


ひとつ先、新東名の遠州森町PAで最初の休憩。


この辺は自然薯で有名ってことで、自然薯ソバで昼食。
やはりスーパーの山芋とは違うなー。

高速の定番、自販機のミル挽き珈琲を買って新東名をさらに進む。

・・・・・・画像はないのは、高速走行中だから当たり前である。

広めの3車線の場所が多いのと、山並みが遠い天空の高速は、走りやすく放置するとあっという間にスピードが出てしまいます。

86のために作ったんじゃないだろうなぁ(笑)

反面トンネルも異様に多いけど、ライトの工夫で見やすいのはウワサ通り。



あっという間に、静岡NEOPASAへ到着。


土産売り場の広さは異常。
浜名湖SAの倍はあるとか、どんだけだww

お土産は1000円ぐらいまでにしておかないと、きりがないですよー


話題のガンダムコーナー。
どうせならザクも置いてくれと言ってみる。

食事はフードコート形式。他の大型SAでは定番の、ジャンクフードの売店が少ないのは少し違った点かも。
しかもすっごい行列で買う気失せた(泣)

静岡で知り合いと遊んだ後、静岡といったら静岡名物のコレ、さわやかのげんこつハンバーグで締め。

ソースは当然ダブルですよー

と、どう考えてもグルメ旅としか思えないGW初日を過ごしたのでしたとさ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般
 
家族旅行に行ってきました。

伊勢神宮には、年に1回必ずお参りに行ってるんですね。



外宮→内宮とお参りし、おかげ横町に。
朝早いとこんなもんの人ですが、昼前になると一気に人が増えます。いやほんと。

おかげ横町は色んな店があるのですが、やっぱし飲食物が多い。

・伊勢茶の升売り(安い、多い、美味い、の三拍子揃った子です)
・神都麦酒(量販ビールの最高峰、琥珀ヱビスに近い味だけど、さらにまろやかさが一枚上手だと思う)
・伊勢海老コロッケ(海老の味がちゃんとするのがうれしい。松坂牛コロッケは牛肉の味があんまりしないのに)


なんかが個人的にはお勧めでした。

レッド福は相変わらず盛況なんですが、夏場は問題になった冷凍設備を使った、「お持ち帰りに最適冷凍赤福」を売って欲しい気もする。

JUGEMテーマ:日記・一般

10日のことですが、東京まで結城宅に遊びに行きました。

夜行で行くのも何なので、昼行バスで名古屋出発。割安だけど時間はかかるなー。

昼過ぎぐらいに到着。色々と私用を済ませる。買い物とかイベントとか。

で、結城宅へ向かう電車に乗る前に立ち寄ったのがこちら。



元祖漫喫として知られるらしいものの、今月限りで閉店らしい神保町の漫楽園。

中は撮れませんでしたが、昭和チックないかにも老舖〜、な感じがなかなか。



蔵書数はそこそこな感じで、年代物もちらほら。懐かしい漫画なぞを普通に読んでました。
前の夏コミで知り合った人が働いてるらしいのですが、この日はシフトが違うのか遭遇できず残念・・・・・・
とりあえず、歴史あるマンが喫茶に一度足を踏み入れられて満足。

休憩がてら小1時間ほど時間を過ごした後、電車に乗り結城宅へ。

駅の近くのスーパーで先に合流していたZEPHYRともども宴会の買い物。



宴会セット。

こらそこ偏食とかいうなーっ(ナギ風に)

3人で酒呑んで雑談も冬以来。
さらに勢いで寿司も注文して追加したものの、勢いで5人前注文した挙げ句、ギブするという老体ぶり・・・・・・いかん、いつまでも20代ではないな(寿司の残りは翌朝贅沢にいただきました)

あとは結城と、お互いそれぞれ映画館で鑑賞済み、ハヤテのごとく劇場版の感想を語ったり。いやーこれは面白かった。ちなみに同時上映のネギまの話は出なかった(笑)

さらに勢いでけいおん!をぶっ通しで鑑賞。
仕事後アルコールタイムの3人で、放課後ティータイムについて語る状態に・・・・・・

気心の知れた仲間と飲むのはいいものですね。緊張感ゼロフリーでリラックスな東京訪問でした。



1

同人作品のご紹介と販売


BOOTHで自家通販しています

架空ストア様でも委託販売中


ミニ四駆同人ライトノベル
「ファイナルラップ!」
・パブー版(ePub/PDF版あり)
・カクヨム版(1周目/2周目)
・ピクシブ文芸版(1周目/2周目)
・電子書籍版(PDF)
・紙本の通販

創作短編ライトノベル
「蒼と雲の彼方で」
・パブー版(ePub/PDF版あり)
・ピクシブ文芸版
・カクヨム版
・紙本の通販/無料PDF版

創作短編ライトノベル
「星粒の奇跡を信じて」
・パブー版(ePub/PDF版あり)
・ピクシブ文芸版
・紙本の通販

創作短編ライトノベル
「タブレットマギウス 香散見草の咲く丘で」
・パブー版(ePub/PDF版あり)
・ピクシブ文芸版
・紙本の通販

創作短編小説集
「タンザクつづり」
・試し読み(PDF)
・電子書籍版(PDF)

参戦いたしました

Twitter

創作小説関係のリンク集

PR

さくらぷれす:女性向け情報を提供する、検索コミュニティーサイト 新書通販ランキング みんなでつなごう相互リンクの輪









その他リンク集

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM