JUGEMテーマ:同人活動

 

ごぶさたしておりますです

 

圧倒的に間が空きすぎていることに本人も驚愕している、夏の思い出2017同人活動編ってことでちょっとだけプレイバック

 

 

◆夏コミ(C92)

 

今年もありがたいことに当選しました夏コミ

 

まずは2日目にて

 

「(高い声で元気よく)おはようございま〜す」

 

てなわけで、いつもお世話になっております犬神研究所にご挨拶

 

無事に新刊も間に合ったようで何よりでござんした

 

その後は、同期と久しぶりのプチ同窓会で呑んだくれ、

 

 

3日目。サークル参加本番。

 

設営はまあいつもの通りなんですが、また改良の余地が多々見つかったので、ゆめつむまでには改善したいですね

 

棚がな。構造がやや複雑で組み立てに手間

なので、いちおう「ぬののたな」なる新ネタを今年中には投入予定

 

創作の杜(仮)で預かってたエアーズ委託を返却&売上精算がてら、歌頭坤さんなど皆様にも、設営や差し入れ色々お手伝いいただきありがとうございました。ファミチキおいしくいただきましたw

 

挨拶回りなどのときは、お隣サークルだった金剛さん嶺咲かおりさんに店番をお引き受けいただくなど、これまたお世話になり、ありがとうございました

 

今回の新刊ですが、

 

カンタン&きれい はじめてのコピー本(文庫サイズ)

 

わりかしご要望が多いので作りました、白水の小説棚のコピー本「ハイグレード平綴じ」製本法

 

ブログ記事でも簡単に流れは紹介はしているのですが、修正や加筆しまくりでほぼ別物ですw

 

プラス、きれいに平綴じ製本を作るコツやポイントの解説も新たに加えています

 

写真(モノクロ)も新しいのを用意したほか、図による解説も加えたり、

3種類の用紙(書籍用紙、両面印刷マット紙、普通紙)の混合で製本されているのも特徴ですね

 

表紙の金髪おさげのお姉さんは「香散見草の咲く丘で」に続いてミトコンドリア氏にお願いしました。ありがとうございます

 

今回は、藍間姉さんや水城姉さんの助言を取り入れ、B6版ではなく文庫版で製本されています

やはり文庫サイズは取り回しがいいので、まずもって搬入が楽だわwww

 

内容的に興味を持たれやすいものだったことをはじめ、たぶん臨時売り子の金剛さんのバーニングラブな集客力の賜物もあり、持ち込み数の大半をお手に取りいただきました

 

また、今回は創作・リア友・ミニ四駆友はじめ、たくさんの方々にお立ち寄りいただき、ありがたかったです

同人活動やっててよかったと思える瞬間ですね

 

お立ち寄りいただいたすべての皆様には、謹んで深くお礼申し上げます☆

 

で、夏コミの残部となる初版本は、現在自家通販にて取り扱っています(匿名配送での販売です)

 

第2版は、この記事を書きながらせかせか重版中です←

10月9日開催の"夢を紡ぐ創作の集い2"にて、重版となる第2版は頒布予定です

 

とまあ、楽しいひとときもあっという間に終わった感があり、

 

では逆三角形さん、またいつか〜

 

からの、創作界隈(だいたいいつもの面々)との打ち上げ

 

と、楽しく過ごした夏コミでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やあ逆三角形さん、まさかの1週間ぶりの早すぎる再会www

 

てなわけで、翌週が夏のコミティアでした

 

さすがに連戦はきついだろう(さらに翌週は品川だしな…)っていうことで、夏ティアはサークル参加はお休み

 

今回は、いつもティアでは売り子をお願いしているこしき先生がサークル参加するっていうので、お手伝いをすることに。

毎度のことながら、色々とありがとうございました〜

 

夏コミのときとはウソのように逆三角形そして東館への道は、じつに平和そのものww

 

ティアでは夏コミとは違い、タブレットマギウス関連の活動が活発だったりします

 

 

タブレットマギウス本部(あきらさんとこ)→クロヒス書房(トオノさんとこ)→うずらや。(こしきさんとこ)

 

 

と、タブマギ関連ぼっちサークルの店番に巡回するという半日を過ごすww

 

それでも、わりかし多くの時間を余裕を持って会場回れるティアも久しぶり

 

ティアは参加サークル層も夏コミとはけっこう違うので、色んなサークルさんとの発見や出会いがあって有意義でしたね

 

秋ティアは申し込んだのでうまく通れば、こちらも楽しみです

 

帰りはあきらさんとカツ分を補給しつつ、夏のイベントラッシュもひと段落ですな〜とまったり

 

8月のイベントでお世話になった皆様、ありがとうございました

 

 

JUGEMテーマ:同人活動

 

 

は〜るばるぅ〜来たで〜あ〜さく〜さ〜

 

というわけで、もう半月前の話ではありますが、浅草まで文章系オンリー同人誌即売会、Text-Revolutions5まで行ってきました。

 

浅草駅から上がろうとすると、なんと地上行きエレベーターが最初の関門という。

もうYOUだらけですねぇ浅草。

 

ROXでミニ四駆公認競技会をバリバリやってた頃は、いくらなんでもここまでYOUだらけじゃなかったようなww

 

てなわけで、ちょこちょこ向かいますの。

 

到着して設営。

そしてまったりと暇すぎる時が過ぎてゆくw

 

白水「あじゃりせんせー、あじゃりもちはー?」

あじゃり餅の妖精「売り切れだったわ。今回はこれやで」

 

 

 

ロンっ

 

 

 

ドンっ

 

新ネタ・ロンドン焼き登場。

あ、普通にうまいです。イーユーが分裂しそうな味がします(謎)

 

 

さらに300字ポストカードラリーの新ネタ景品、関西限定すきやねんも登場。

これも普通にさっぱり風味で美味いですね。

呑んだ後の〆にはたまりません←

 

これを差し出してコクったらバカヤロウ言われそうですね(あほぅ)

 

今回も300字ポストカードラリーは楽しかったです まる

 

と、

 

まー……

 

とりあえず、テキレボの運営主と、あじゃり先生の300字企画は、めちゃめちゃよく頑張っていると思います。

 

「は」ね。

 

まぁ、ひと言で気になったことをまとめると、

同人誌即売会としては、代行システムとも相乗していわゆるwebカタログのデメリット面が露呈しつつあること、

プラス、悪い意味での原点回帰現象が起きてるような感じがしたことぐらいですね。

 

他は特にもう胸の奥にしまっておきましょう。

5回もやってんだから、イレギュラーナンバーがもう色々諫言するのもどうかと思うんでw

 

もっとも、盛大なオフ会としては相変わらず魅力的。

 

ブログ主が写真撮れないほど酔ってましたので、写真はないですが、

 

1回戦:飲み屋で集団打ち上げ

いやー呑んだ呑んだ。以上。

 

2回戦:カラオケ紅白歌合戦またはネタ合戦

普段は、ミニ四駆繋がりの男衆限定クラスでとワイワイと気兼ねなくカラオケすることが多いんで、お姉様方と混戦は久しぶり。

これはこれで、華があるもんですねーやはり。

ちょっと気を遣うけどね(^^;

 

3回戦:ファミレス

ようやく文芸の集まり的な話題がw

夜明けまでありがとうございましたー

 

次回はたぶん普通の一般参加かと思います。皆様お疲れ様でした。

 

-------------------------------------------------------------------

 

で、明日ですが大田区民プラザで行われる、第1回「夢を紡ぐ創作の集い」にサークル参加です。

 

こちらは文章系オンリーではないです。

イラスト系の一次創作サークルさんも多数参加されます。

 

なんというか、ミニコミティアみたいな感じがしますが、果たしていかに。

当日はAbemaTVの中継が入るみたいで、なかなか力入っていますね。楽しみです。

 

お品書きは画像にて。

 

また、静岡文学マルシェで配った掌編ポストカードも再版します。無料配布です。

これですね。

イベント名は変更してあります。

このポスカは『ファイナルラップ!』の全編電子書籍版QRがついていたりします。

 

明日は同時に、品川シーサイドでミニ四駆公認競技会にも行ってるので、間違えて1回戦通過してしまうと、14時ぐらいから2時間ほど中抜けするかもしれないです。

予定調和のごとく(泣)、1回戦でさくさく負けたら終日夢紡に居座っていますw

 

では明日、機会がありましたらぜひよしなに。

JUGEMテーマ:同人活動

JUGEMテーマ:日記・一般

 

すっかりご無沙汰してます感がすげぇですが、先月のイベントレポがまだだったので、まとめてドンってなわけで。

 

■10月8日:テキストレボリューションズ(テキレボ)4

 

浅草よー、私は帰ってきたー!

 

というわけで(なんだなんだ)、テキレボという略称がすっかり定着した感がある、文章系オンリー同人誌即売会のテキストレボリューションズに行ってきました。

 

今回で4回目、浅草開催は3回目ですね。

のんびり昼過ぎに会場入り。


過去3回は直参したんですが、今回は委託をちょっと試してみようってなわけで。

本を売るのはスタッフの若いお姉様方に任せて、当日は一般客扱いとして低見の見物。

 

会場を入り口から見ると、中はこんな感じ。

割と人いるせいか、ちょっと暑かった感じもw

 

始点はとりま300字SSポスカラリーの本部から。

ちなみに300字SSポストカードラリーのポストカード素材も、セリアの50枚108円(税込)のポストカードです。

ポストカードにやたら金かけてるのが増えてきたせいで、企画参加ハードルがどんどん上がっていくのも癪なので、力技で参加ハードル下げてやろうっていう意図ですw

 

隣のスペースのよたく先生と妙な掛け合いから始まり、各地に挨拶まわりしながら巡回していきます。

 

(1)一般参加者的な目線でひと言

前回は何かと物議をかもした配置、今回はかなり導線的にも改善されてていい感じに。

もうしばらく配置は下手に動かさずに、現状維持安牌でいいんじゃね?

 

 

(2)当日企画まとめの中の人としてひと言

運営じゃなくて(300字SSポスカラリーを除いた)企画主催に苦言を呈するならば、

 

とりあえず、どこが企画主催本部か遠目からでも一撃で分かるように皆様工夫してください。

 

ということですかね。

 

挨拶回りしようと思っても、だいたいの位置は分かるけど、

そのだいたいからが地味に難しいっていう罠が待っていたww

 

顔パスで分かるでしょ、

事前告知やまとめ企画あるからいいでしょ、

 

じゃさすがにあかんと思いますよ。

 

事前に調べていたとしても、現地でここでいいんかな〜?

と探してしまうでは、まあいいかってなるし。

 

300字SSポスカラリーさんは毎度分かるんですよすぐ。スペースが特徴的だからww

 

せっかく各企画の専用ポスターまで運営が用意してくれたので、これは壁貼りではなく、

postaで高所掲示するとか、

postaなければ机の前にデカデカと貼っとくとか。

 

当日企画は数が多い分だけ、おのおのスペースで自己主張をもうちょっとガンバレという気がしました。

 

 

(3)サークル参加者としてひと言

 

前回も少し気になってはいたけど、今回さらにポスカを除いた無配無双が増えすぎ。

これは正直ちょっとひどい。広告宣伝費とかいうレベル越えてるでしょ。

 

レギュレーションでは規制できないということなので、まあモラルに任せるしかないのか。

無理だなー。モラルほどアテにならないものはない、は別のところでしこたま経験してるしなー。

 

無配無双のドツき合いがエスカレートした結果、「最初の頃はてきれぼんドリームって言葉もあったんだけどねー」とかいう未来にならないことを祈る。

 

時間になり、なし崩し的に片付けを(力仕事的な意味で)手伝う感じに。

懇親会の時間になっても片付けは先が見えません。

誰か遠くで何かしゃべってるなー、と思いつつ黙々と作業の続き。

からの、途中で森村先生と春夏冬のひめさまと3人でぐったりへたりこむ。

 

とりあえず、男手をもうちょい何とかしましょう……w

 

片付けが終わり、打ち上げの会場へと移動。

ってだから、普通の居酒屋に80人オーバーとかもう無理だろコレwwww

 

そこは改善されてないというか、かなり前から言ってるけど、ビュッフェ形式のお店確保はよ〜

 

※心霊写真ではない

 

そんなんだから、ウーロン茶7人分頼んだらPETで丸投げにされるだぞい。

 

そんな後半gdgd感が微妙にあった一次会も楽しく終わり、二次会へ進出。

 

浅草といえば電気ブランという話題を堺屋先生としてたのを思いだし、久しぶりに電気ブランをストレートで飲む。

 

チーズ盛り合わせといっしょにいただきました。

チーズの濃厚で柔らかな風味と、電気ブランのパンチ力は、なかなか好相性でございました。

 

とまあ、だいたい日付かわるぐらいで今回は勘弁してもらいましたw

参加された皆様お疲れ様でした。

 

 

■10月23日 コミティア118

 

浅草でバカ騒ぎした2週間後は、コミティアに行ってきました。

 

夏コミ以来のスペース型参加。

 

今回は、私も参加しているシェアワールド《タブレットマギウス》の企画始動のティアとなりました。

 

毎回店番がいないので難儀するところ、今回は轂先生という強力な援軍をお招きして準備万端。

 

手製軽量ポスタースタンドもだいぶ組み立てが慣れてきました←

 

ディスプレイ方式は今回から少し見直し、セリアの段ボールをぶった切ったコンパクト棚を使い、少し高さを出しています。

 

新刊は『タブレットマギウス 香散見草に咲く丘で』でしたが、お買い上げいただいた皆様ありがとうございました。

 

タブレットマギウスどうぞよろしくお願いします。

 

色々とお話ししつつ、あっという間に時間終了。今回は参加者アフターはなしで、轂先生をはじめ皆様とも現地解散し、

 

焼き鳥や串揚げで1杯ひっかけてから、夜行バスで帰名しました。

 

とりあえず次は冬コミですね。今回も受かってありがたやありがたや。

詳細はまた後日にでも。

 

JUGEMテーマ:同人活動
JUGEMテーマ:ミニ四駆

先月頭より私事でバタバタしていましたので、少しご無沙汰しておりました。

そんなバタバタした9月中でも、


チームネオスから超讃えられたり、


ホビーショーの見学をサボって、PIO蒲田のミニ四駆大会に顔出したりしていました。


共催は、Shuminova様と犬神研究所様。参加費1,000円。
会場に入るまでに、なんだか腐女子系のお姉様お嬢様方と大量にすれ違い。会場間違えたか?

なわけではなく、PIO蒲田は同人誌即売会(オンリー系)を割と頻繁にやっている施設のようで、この日も朝から晩まで、別の部屋ではオンリー系同人誌即売会が行われておりました。


という施設の特性から(?)ミニ四駆系同人誌すべてそろい踏み企画が催され、ミニ四駆系同人誌を書いてる人間はことごこく招集がかかったっていうww
これだけ一堂に作品が会するのは初めてで、なかなか壮観なものがあります。

が、

「うーん、神テクないと締まらないよなー、少佐は?」
「仕事だってー」

千洋少佐は仕事の都合で、終わり次第駆けつける予定も残務があり間に合わず。残念。
フルコンプリートは次の機会(いつだか)まで持ち越しです。

TMFLやコロコロアニキなどミニ四駆系商業誌の動きが激しいので、ミニ四駆系同人誌も各人ここが踏ん張り所でしょう。

コロコロアニキ(レツゴのスピンオフ)は面白かったですね。ある意味イマドキらしさがなく、斜め上を攻めようとしない伝統的な作風で逆に新鮮です。

最近ミニ四駆を始めた人には「時代遅れの作品」に映ってしまう一面もあるのだろうけど、ハレの作品には欠かせない要素(ポティシブ・シンキングと遊び心、約束されたハッピーエンド)をきっちりと押さえており、第三次ブーム以降の商業作品では最も良質な作品と評してよいと思います。

閑話休題。


大会の方は開始時間が少々遅れたものの、全体的には滞りなく進行。
白水は、レースもそこそこに店番と物販の手伝いと初心者講習で1日終わりましたがw

「0から始めるミニ四駆」を書いといて何ですが、0からアドリブで初めての方にマンツーマンで教えるのは、思った以上に難しいですね。

(「0から始めるミニ四駆」ですが、先日一部を加筆修正しました)


翌日はホビーショー適当に見学。
アルティメットニッパーの抜群の切れ味と、新商品コトブキニッパーの使い勝手のよさは素晴らしかった。

フィギュア用の耐震ジェルなんかもスグレモノで面白かったですね。
定番のエコーテック超音波カッターのブース、よく知るカッターよりも、消臭スプレーの方が驚いた。ファ○○ーズも真っ青な高性能。


夜は四号家の塩ラーメンを食べて帰名。
これが塩ラーメンかと思うぐらい、パンチの効いたスープは印象的な味で旨かったですね。

 

夏コミ以来ご無沙汰していました、白水です。

さて、その夏コミから一体何をしていたかというと、冬コミに備えて、本格的に取材旅行(?)を繰り返していました。

そう、今夏は夏コミで書いて冬コミ以降で続編を書くことになっている『ファイナルラップ!』の題材となる、ミニ四駆のジャパンカップが十数年ぶりに復活開催されていました。

・8/26

ジャパンカップ広島大会

駅のコンコースみたいな広場が会場。500人に満たなかった参加人数ですが、会場が会場だけにさすがに暑かったですね。

山賊むすび食べたり、尾道ラーメンを食べたり、お好み焼きを食べたりと、ひたすら広島名物グルメ旅になってしまいました(笑)


・9/9

ジャパンカップ東京大会(品川)

会場の様子を2階のから撮影。2セットのコースが組まれました。

何せ参加人数が1500人を優に超えていました。すげー

ナイアガラスロープという、非常に落差の高いスロープが手強いセクションです。


・9/17

ジャパンカップ福岡大会

香椎花園という、シルバニアファミリーな遊園地の奥で行われました。
ちなみに、台風による暴風警報発令中www

台風で一部電車も止まる中、400人を優に超える参加者がありました。

強風の影響を受けて、9人残ったセミファイナリスト(白水含む)のうち8人がコースアウト(白水含む)してしまうという、大荒れの展開になりました。

おしかったー


・9/30

ジャパンカップ最終戦(東京お台場MegaWeb)

当日枠最終予選は1500人を越える参加者がありました。
朝一番の受付前から、人でごった返しています。
まさにジャパンカップといった雰囲気ですね。


メインステージ

最終予選は別の会場で行われ、メインステージは新製品発表やプレスによるエキシビジョンレース、ゲストトークショーやコンクールデレガンスなどが行われていました。

ジャパンカップ本大会の様子は、動画にうpされていますのでそちらをご参照ください。
http://www.youtube.com/user/TAMIYAINC

やはり予選とは違い、選手紹介ビデオやゼッケン支給、本人くじ引きで組み合わせが決まるなど、雰囲気がまるで違う、まさにこれぞジャパンカップという空気感が堪らない本大会でした。

ちなみに、外は台風接近中www

と、4会場のジャパンカップを取材して回ってきました。
参加された皆さんは熱かったですね。色々と参考になりました。

さあ、当落も気になるけど、とりま作品作りがんばるぞー

とりあえず、ここでは初めて日記書きます。

旧HNはいろいろあり使えなくなったので、2011年からHNも新たに心機一転です。よろしくお願いします。

さて、年末からの出来事を怒濤のようにプレイバック。

(12/23日)
趣味関係の忘年会の帰り、うっかり電車が米原で終電となり足止めされる。

さて、ここで米原駅前にないものは以下の通り。

・終電後でも開いてるホテル
・スーパー銭湯
・iカフェ&マン喫
・24時間営業のファミレス
・24時間営業のマクド
・牛丼屋
・コンビニ
・仮設じゃないトイレ
・窓が開いてない空間

とまあ、恐ろしいほど無い無い尽くし・・・・・・
宿泊に耐えられる施設は何もないので、駅の構内にて人生初野宿が確定。

とりあえず、構内にベンチは何故か結構ある。
仮眠ぐらいなら取れるか?

24日深夜2時過ぎ:気温はたぶん寝たらリアルで死ねます

のため、似たような境遇の奥様方とだべりつつ徹夜状態。
始発で帰って速攻でシャワー浴びて速攻で出勤。疲れた。


(12/24日)
前段で疲れたとか言ってるくせに、コンセールアミのショパン生誕200年記念コンサートに行きました。
体力は、いつ倒れても多分おかしくないほどへばってますねー。

なのに道中、江崎泉さん宛ての花束を買うのに、花屋でリア充な人の列に混じり延々と並び、さらなる体力を消耗。おにょれリア充どもめ、花よりヒカリモノにしておけばよいものを。

世間はイブなので、会場の入りは(特にリア充が)多かったように思う。内容はとてもいいコンサートだったです。一緒の空間で時間を共有するのは、尊いことだなと思います。

・・・・・・何回リア充言ってんだか(苦笑)


(12/29日)
夜から、ZEPHYRの知り合いの人の車で東京へ出発。

教訓:タダほど恐いものはない

・・・・・・言いたいことは山ほどありますがまあいいや。素直に高速バスにしとゃよかったとかさ。

帰宅後聞くに、親は運転が趣味友の人じゃないと聞いた瞬間、異様に嫌な予感がしたらしい。それ早く言ってくれ〜


(12/30日)
冬コミを見て回る。
人ゴミを見て回ったような気がするのは、きっと気のせいではない(笑)

東方関係がある東館は、本当に満員電車そのもの。動けません。
でも親子連れがいたりとか。時代は変わったね。

夜は、結城ら高校の同期その他、鍵山ぱんどらん氏ら同人作家の方と焼き肉屋にて忘年会。
どうも胃腸の調子が悪すぎたので、お酒はひたすら胃腸の消毒効果がある梅酒ロックだった。


(12/31日)
冬コミ最終日は買い付けの手伝いをする。

午後はコスプレ広場で、写真色々撮って遊んだ帰りの順路中、通りかかった喫煙室で、煙草をスパスパ吸うキュアマリンとキュアサンシャインのレイヤーさん・・・・・・子どもには見せられません(笑)

紅白歌合戦は見ず、お土産で買っていたきしめんを啜り結城宅で忘年会。ビール缶がパカパカ開いていくのは爽快ですね。
年明け後は3人でキネクトスポーツで遊び倒す。結構難しかった。


(1/1日)
まったり東京見物して、カラオケ新年会した後に新幹線で帰宅。


(1/10日)
誘いにより、井上白葉氏のミニコンサートを聞きに行く。

カンツォーネからオリジナルまで、バラエティに富んでいましたが、オリジナルはいい曲が多かったですね。
声楽家の生声は、2年前の日イ協会主催の中川牧三氏を偲ぶコンサート(大阪)以来で、久しぶり。

浅井由紀氏が電子ピアノで曲をやりくりしてるのは、こっそり凄いことに気づいてあげようよとひっそり思う。

1

同人作品のご紹介と販売


BOOTHで自家通販しています

架空ストア様でも委託販売中


ミニ四駆同人ライトノベル
「ファイナルラップ!」
・パブー版(ePub/PDF版あり)
・カクヨム版(1周目/2周目)
・ピクシブ文芸版(1周目/2周目)
・電子書籍版(PDF)
・紙本の通販

創作短編ライトノベル
「蒼と雲の彼方で」
・パブー版(ePub/PDF版あり)
・ピクシブ文芸版
・カクヨム版
・紙本の通販/無料PDF版

創作短編ライトノベル
「星粒の奇跡を信じて」
・パブー版(ePub/PDF版あり)
・ピクシブ文芸版
・紙本の通販

創作短編ライトノベル
「タブレットマギウス 香散見草の咲く丘で」
・パブー版(ePub/PDF版あり)
・ピクシブ文芸版
・紙本の通販

創作短編小説集
「タンザクつづり」
・試し読み(PDF)
・電子書籍版(PDF)

参戦いたしました

Twitter

創作小説関係のリンク集

PR

さくらぷれす:女性向け情報を提供する、検索コミュニティーサイト 新書通販ランキング みんなでつなごう相互リンクの輪









その他リンク集

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM