一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



少しご無沙汰しています。


さて。前回から始めた、これまでの作品を振り返る企画をしよう第2回。


なぜかインタビュー形式で、自分の既刊作品について語るシリーズを思いついてやっています。

 

"作品再見"シリーズ第2回は、当サークルの次代の旗艦作品として、また世界観共有企画"タブレットマギウス"はじまりの物語として執筆。

イラストにみやび氏(梟の栞)をお迎えした、マルチロール・マギカ・エンターテイメントノベル『ライジングパトス』です。

 

--------------------------------------------------------

――まずは作品の舞台背景がチェリャビンスク隕石事件。タブレットマギウス(以下タブマギ)に設定だけ存在していた、はじまりの物語です。

 そうですね。「根幹設定のとこなんでストーリー固めちゃたの、今後の企画参加者のためにそこは残しておかないと···」っていう批判が来るリスクを執筆前から計算し、なにげに極秘裏に書き進めていったのが『ライジングパトス』(以下、ライパト)です。

 
――作品コンセプトはマルチロール・マギカ・エンターテイメントノベルとしていますね。

 タブマギの企画自体、文芸に限らずイラストや漫画、コスプレや音楽など、創作活動全般で参加者ウエルカム企画です。

ジャンルの垣根や壁を超えてゆく醍醐味も、また看板としています。

そんなタブマギ"らしさ"を体現した、老若男女みんなが楽しめる作品を目指したものとなっています。

アクション、チェイス、潜入、魔法、美少女、イケメン、友情、恋愛、グルメ、リョナ要素など、なかなか色々よー混ぜたなと今読んでも感心します(笑)


マルチロール(全天候型)っていう意味はここからも来ています。


――作品は物語文章のみの本編と、キャラクターイラスト集との2冊立てとなっていますね。

 そこもマルチロールたる所以となっています。

 物語だけ読みたい人って、イラストっていうか直感的に解りやすい視覚情報を敬遠する人もわりといる印象なんですよね。

 逆にイラストや漫画が好きな人は、文字情報を敬遠しがちなケースもあります。

 なので、物語読みたい人は本編、イラストを楽しみたい人はキャライラスト集と、機能特化して別冊化する試みをしています。

 合体より、それぞれの1冊単価抑えられるので、買い手さんにはいいのかなと思うんですがね。


――イラストはサークル梟の栞・みやび氏を起用しましたね

 コミティアで買い求めた作品の内容や絵柄が気に入ったので、ぜひにと依頼しました。

 異性相手なので、依頼をもちかける最初のひと声は緊張しました。なにせ一歩間違えると、サークル主をナンパしてるアブナイお客さんですからね(笑)


――作品についてですが、メインキャラクターを6人まで絞った、かなりコンパクトな仕上がりです

 キャラクターの魅力を掘り下げるのも大切にしたい作品でしたので、『ファイナルラップ!』に比べるとやや少なめにしています。

 あとあまりに多くすると、みやびさん大変なんで(笑)

 若い成人女性と男性(菊迦と鴎之助)、金髪系のJK(リリア)、普通のJK(衣凛)、渋い成人女性と男性(シャマーラとアントニー)、とまあひと通り揃えた感はありますね。

 ちなみに、私の一番のお気に入りキャラは衣凛で、みやびさんのお気に入りキャラはリリアとのこと。

 制作側どんだけJKキャラ好きなん、とは言わない約束で(笑)


――各章のタイトルなんですが、どっかで見たような

 端末の在処···正義の在処

 猛き異国の刺客···猛き神々の刺客

 お察しの通り、タブマギの既存作品のタイトルを元にした、一種のお遊びです。もちろん狙ってやっています。


――タブレットの魔法、最初がお寿司をぽんっと出す(ワープさせる)魔法。

 ことあるごとに、おすしが食べたいというツイートをよく見かけた時期だったので、たぶんそうなったのだと思います(真顔)

 寿司ネタは、ミニ四駆の遠征先とかで食べたものや、回転寿司のメニューから選びました。


――タブレット機器や車やバイクなど、作品を彩る小道具もかなり調べたそうですが。

 チェリャビンスク隕石事件が2013年の2月ってことで、その当時にあるものですね。

 困ったのは菊迦のスクーターで、当初は高性能のマジェスティS(ヤマハ)を考えてたんですが、あれ発売が2013 年秋だったので設定ボツに。

 代わりにアヴェニス(スズキ)の設定としました。

 ちなみにアントニーのアメリカンバイクはドラックスター(ヤマハ)、ハイブリッドバンはプリウスα(トヨタ)が設定です。


――これから作品を読まれるという人や、既に読んでもらった人に

 印象でいうと、ハリウッド映画的なアクションエンターテイメント路線に徹した作品ですので、ひとりでも多くの皆様に、安心して楽しんでいただければと思います。

 また、タブレットマギウスの世界にも興味をお持ちいただければ幸いです。

 読んでいただいた皆様、ありがとうございます。感想など随時お待ちしていますので、よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------

2017年の作品で、今年で2年目を迎えました。

タブレットマギウスのフラッグシップ作品の一角とされるまで成長し、地道に評価されてる作品かなとは思います。

 

(今後の予定)

シリーズ第3回:『ストリング・クロス』


  • -
  • 21:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL : http://haru-haku.jugem.jp/trackback/116

同人作品のご紹介と販売

Twitter

創作小説関係のリンク集

PR

さくらぷれす:女性向け情報を提供する、検索コミュニティーサイト 新書通販ランキング みんなでつなごう相互リンクの輪








その他リンク集

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM