JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:同人活動
JUGEMテーマ:ミニ四駆

夏コミが終わってちょうど1ヶ月。
はえーなーおいw

10月参加のイベントについては後日お知らせするとして、夏はあちこちでご当地グルメを食べてきたとしか言い様がない。

せっかくなので、第2回Text-Revolutions内の企画「掌編俺のグルメFESTIVAL」の規格に合わせて旨かったぜ4連打。



ガチの讃岐うどん(香川)

愛媛まで18切符で行く途中、坂出に寄り道していただいた本場udon県の讃岐うどん
8月上旬で死ヌほど暑かったので、ざるうどんにていただきます。

白水も好きでよく食べる はなまるうどん に比べても、コシの強さと小麦粉の味がひと味違う、敢えて言うならパンチの効いたうどん。
かといってのどごしも良し。ずるずるっといけます。こりゃ皆の衆が本場の讃岐うどんは旨いと揃って言うはずなのです。

そして丸○製麺と高○製麺は劣化パチに過ぎないことがよく分かったw

ごちそうさまでした。
(224字)


焼豚玉子飯(愛媛)

もはや白水の雑記帳の夏の定番、年に1回しか食せない今治名物、焼豚玉子飯
半熟目玉焼きの黄身を潰し、焼き豚&ご飯にかき混ぜてレンゲでがつっといただきます。

レンゲで潰してからめた半熟卵のとろっとした微妙な甘さ、そして甘辛風のタレで炒めた一口サイズの濃厚な焼豚との絡みが抜群。
調理は割とシンプルな部類(タレが通販で売っている)だと思いますが、なかなか複合的な深みのある旨味がたまらない逸品です。

卵三個でも食い過ぎ感はありません。一気にいけてしまいますので食べ過ぎに注意しましょう。

ごちそうさまでした。
(247字)

余談ながら、JR四国の女性車掌の美人ぶりと愛想の良さはガチだったw


ソースカツ丼(福井)

福井県にあるヨーロッパ軒本店でいただいた、福井名物ソースカツ丼
キメの細やかな衣が目を見張るカツを、スパイシーな風味のソースで漬け込んで、どさっとご飯の上に載せた逸品。

スパイシーなソースが意外とご飯に合うので、しっとりサクっとしたカツをいただきながら掻き込んでいく系。
パ軒の大盛でも足りないほどに、ガンガン食が進んでいきます。
空きっ腹ビールしなければおかわりいってたな…

焼豚玉子飯の複合的な旨味とは趣を異にする、シンプルな旨味が魅力です。

ごちそうさまでした。
(229字)


さわやかのハンバーグ(静岡)

白水の雑記帳には年に3〜4回は出てくる、毎度静岡へ行くたびに食べているとおぼしきご当地ファミレスグルメ。

肉は粗挽きで、ウェイトレスさんに異議申し立てをしない限り、肉がやや赤い状態で出てきます。
げんこつ状態のハンバーグの塊をナイフでぱっかーんして、じゅじゅう押さえて仕上げ焼き。押さえるときの焼き上がるぜ的なわくわく感がたまりません。
油の飛びはねがなくなったあたりでいただきます。

ソースはオニオンとデミグラスのミックスもできますが、それとは別に少しだけ塩胡椒で食べてみたところ、やはり肉の味がしっかりしていて素で旨いのを再確認。
量はそれほどでもないと思いますが、満足感がたまならい逸品です。

ごちそうさまでした。
(294文字)


他にも色々とストックはあるのですが、今年はこのあたりで。

 

  • -
  • 22:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL : http://haru-haku.jugem.jp/trackback/60

同人作品のご紹介と販売

Twitter

創作小説関係のリンク集

PR

さくらぷれす:女性向け情報を提供する、検索コミュニティーサイト 新書通販ランキング みんなでつなごう相互リンクの輪








その他リンク集

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM